タグ:社労士
年金受給資格期間の短縮の背景 これまでは、老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間(国民年金の納付済期間・厚生年金保険、共済組合等の...
鍋島知未(『コア東京』2017年4月号)
現代社会においては、さまざまな「ハラスメント」が猛威を振るっております。今回は皆様が企業(事業)経営を行う上でリスクとなりうる、このハラ...
内田 力(『コア東京』2017年3月号)
平成28(2016)年10月、超大手広告代理店に対し、労働時間管理に関する調査が入りました。これは今まで曖昧にされていた労働時間管理について、今...
河原 正(『コア東京』2017年2月号)
毎年、65歳以上の高齢者の雇用者数、求職者数はともに増加する傾向にあります。こうした社会情勢をふまえ、高齢者の雇用が一層推進されることを目...
竹山 文(『コア東京』2017年1月号)
最近巷では長時間にわたる時間外労働や労災事故につながる過労死問題など、労働時間に関するトラブルが後を絶ちません。大企業などはコンプライ…
佐々木隆(『コア東京』2016年12月号)
「退職した社員から、“未払となっている残業代を支払え”という内容証明郵便が届いたのですが……。」そんなご相談を、幾度となく受けています…
金光 仙子(『コア東京』2016年11月号)
平成28(2016)年10月1日から、一定の条件で働くパートタイマーは新たに社会保険の適用対象となります。今回の適用拡大の対象となる…
藤本 紀美香(『コア東京』2016年10月号)
2カ所以上の事業所で勤務し、報酬を得ている方の社会保険の取り扱いについてお伝えします。役員の被保険者資格の考え方 社会保険…
鍋島 知未(『コア東京』2016年9月号)
人生80年。ひと昔前なら60歳は「老人」であったが、現代の60歳はもはや「老人」というにはあまりにも若々しく、元気で活躍されている方も多…
小室 由利(『コア東京』2016年8月号)
労働基準監督官とは 労働基準監督署には「労働基準監督官」という国家公務員が配置されています。建築士の先生方にとっては、あまりなじみがな…
小島 信一(『コア東京』2016年5月号)
職業柄、さまざまな業種の経営者の方とお話をし、悩みを聞く機会があります。相談内容は多岐にわたりますが、最近では、「せっかく仕事ができて…
木津 朋之(『コア東京』2016年4月号)
1カ月以内の一定の期間を平均して各週の所定労働時間を決めるものです。変形期間を平均して、1週間の労働時間が週40時間以下になっていれば、…
大石 誠(『コア東京』2016年3月号)
平成26年11月1日より過労死等防止対策推進法が施行されました。施行の目的として、近年、大きな社会問題となっている過労死等が、本人、家族はもとより、社会にとっても…
佐々木 隆(『コア東京』2016年1月号)
この夏、有効求人倍率が23年ぶりの高水準となり、企業の従業員確保が容易ではないとのニュースが駆け巡りました。そのような環境の中、外国人雇用に…
金光 仙子(『コア東京』2015年12月号)
個人事業主を含む小規模事業経営者の方にとって、従業員を初めて雇い入れるときは、とても誇らしく、同時に身の引き締まる思いを感じられることと思います。今回は初めて…
河原 正(『コア東京』2015年10月号)
厚生労働省は平成26年度の「精神障害に関する事案の労災補償状況」の取りまとめを発表しました。それによると請求件数は1,456件で前年比47件の増加で…
本領 晃(『コア東京』2015年9月号)
裁量労働制は、仕事のやり方や進め方、時間配分等を労働者本人の裁量に委ね、その労働時間の計算を実労働時間でなく、あらかじめ…
塚田 育子(『コア東京』2015年8月号)
 労働者災害補償保険法に基づく制度で、業務災害または通勤災害により、労働者がケガをした場合、病気にかかった場合、障害が残った場合、死亡した場合等について…
鍋島 知未(『コア東京』2015年7月号)
 社会保険における子育て支援制度はさまざまありますが、すべて届出をしないとその恩恵を受けることができません。産前・産後休業から育児休業にかけて…
竹山 文(『コア東京』2015年6月号)
 ご存じの方も多いかと思いますが、社会保険(健康保険・厚生年金)は個人事業者であれば労働者5人以上、法人であれば社長ひとりでも加入が義務付けられています。…
山本 浩二(『コア東京』2015年5月号)
 多様な価値観が認められる時代になり、働き方もさまざまな形態が見られるようになってきました。会社側からすれば、変化に対応できる柔軟な組織をつくることができ…
畑中 義雄(『コア東京』2015年4月号)