タグ:テクノロジープラス
 常温亜鉛めっきZ.R.C.は、1952年にアメリカで開発された工法で、世界各国で使用され、抜群の防錆効果を上げています。溶融亜鉛めっき(Hotdip-Ga...
宮原 重之『コア東京』2020年10月号)
 地球温暖化への対処は、私たち人類が営みを続けていくためには待ったなしで取り組まなければならない喫緊の課題です。また、プレート境界に位置...
三輪 滋『コア東京』2020年9月号)
 構造物調査を専業として40年間会社を営んでいると、さまざまな調査依頼が飛び込んできます。  スラブ厚を非破壊で測定したい、埋設管の位置を調...
佐藤 登『コア東京』2020年8月号)
世間一般で、シロアリはどのように認識されているのでしょうか。『広辞苑』で調べてみると、「シロアリ目の昆虫の総称。体の形はややアリに似るが...
平 一暁『コア東京』2020年5月号)
既存建築物・構造物に使用されているコンクリートを破壊せず、非破壊検査にて調査する需要の増加と性能向上はめざましいものがある。コンクリート...
源間 敏雄(『コア東京』2019年5月号)