タグ:木
虫にも好き嫌い  「蓼食う虫も好き好き」という諺があります。辛い蓼を好んで食べる虫がいるように人の好き嫌いはさまざまであることの例えです。...
谷田貝 光克(『コア東京』2017年11月号)
シロアリはこうして生きる
シロアリは地球上に7科2,400〜2,500種類が知られていて、その多くは熱帯、亜熱帯に生息しています。シロアリはアリと...
谷田貝 光克(『コア東京』2017年10月号)
木炭の過去と今  焼き鳥、ウナギの蒲焼、コーヒーの店に炭火焼の看板をよく見かけます。炭火から放出される遠赤外線が肉や豆の中まで浸透し温める...
谷田貝 光克(東京大学名誉教授)(『コア東京』2017年9月号)
特用林産物とは  森林は家を建てるのに必要な柱や板となる木材を提供するだけでなく、水資源貯留、浸食防止、水質浄化、保健・レクリエーション、...
谷田貝 光克(『コア東京』2017年8月号)
承的に使われてきた薬用樹木をより有効に  昔からその地域に生育する植物の薬としての働きが言い伝えられ、使われてきた生薬は世界各地に数多く見...
谷田貝 光克(『コア東京』2017年7月号)
耐朽性を左右する抽出成分 植物には病害虫に侵されやすいもの、逆に強いものがあります。その原因のひとつとなっているのが抽出成分です。そもそ...
谷田貝 光克(『コア東京』2017年6月号)
木の香りは気分を快適にし、健康を維持するのに役立つ 木の香りが生理的にプラスに働くことの実証実験はヒトやマウスなどの実験動物を使っていろ...
谷田貝 光克(『コア東京』2017年4月号)
木の香りは気分を落ち着かせる 木が放出する香りには心安まるものがあります。私たちは気づかないままに、知らず知らずのうちに、かすかな木の香...
谷田貝 光克(『コア東京』2017年3月号)
前回、木の香りをはじめとした木の成分には多様な働きがあり、そのひとつに快適な室内環境づくりにも役立っているものがあることを述べました。こ...
谷田貝 光克(『コア東京』2017年2月号)
私たち人間は地球上に生を受けてこのかた、常に植物の恵みの中で育まれてきました。草木の実や山菜、きのこを食し、草木の色で布を染め...
谷田貝 光克(『コア東京』2017年1月号)
工芸材としてのイチイ イチイの名は、仁徳天皇が笏(しゃく)をつくらせたこの木に位階の最上級の正一位を授けたことで知られている…
谷田貝 光克(『コア東京』2016年9月号)
わが国だけに分布 ヒノキ科アスナロ属のヒバは1属1種でわが国だけに分布する。ヒバには南方型と北方型があり、南方型がアスナロ、北方型が青森ヒバと…
谷田貝 光克(『コア東京』2016年8月号)
大木の多いクスノキ クスノキ科は30属、2,500種ほど存在し、その多くは熱帯、亜熱帯に分布している。一部はクスノキのように温帯にま…
谷田貝 光克(『コア東京』2016年6月号)
貴婦人の木、モミ 姿が美しいので庭園樹として利用され、神社の境内でもよく見かけるモミの木。「〜み湯の上の樹群を見れば臣の木…
谷田貝 光克(『コア東京』2016年5月号)
わが国に生育するマツで最もよく見かけるのはアカマツ、クロマツで、ほかには高山に生えるハイマツや沖縄地方に分布するリュウキュウマツ、屋久…
谷田貝 光克(『コア東京』2016年4月号)
サワラと聞いて魚の鰆を思い浮かべる人も多いことだろう。樹木のサワラは「椹」と書く。1597年刊の易林本節用集には「弱檜」という字があてら…
谷田貝 光克(『コア東京』2016年3月号)
スギと同様わが国の固有種であるヒノキ(Chamaecyparis obtusa)はわが国のみに分布する。同じヒノキ科ヒノキ属の木には、わが国にはサワラ、台湾にタイヒ(タイワンヒノキ)…
谷田貝 光克(『コア東京』2016年1月号)
スギ材をはじめとした木質室内環境が気分を安らげ、心地よい環境をつくり出すことが科学的に実証されているたとえば、小中学校の教室の室内のほぼ全面に…
谷田貝 光克(『コア東京』2015年12月号)
ヒノキと並んでわが国を代表する木のひとつ、スギ。スギはわが国の固有種であり、わが国だけに分布する。樹幹がまっすぐに成長し、比較的軟らかく加工も容易なので…
谷田貝 光克(『コア東京』2015年11月号)
科学技術の進歩は石油等の化石資源から多くのものの合成を可能にし、ひと昔前までは木や草などの天然素材からつくられていたものが次第に影を潜め、合成品に置き換わっている。家の中を…
谷田貝 光克(『コア東京』2015年10月号)