タグ:東京消防庁
1 はじめに 平成18年の長崎県大村市の認知症高齢者グループホーム火災及び平成19年の兵庫県宝塚市のカラオケボックス火災では、小規模な施設で多...
東京消防庁予防部予防課(『コア東京』2017年6月号)
火災予防審議会について 火災予防審議会は、東京都の火災予防条例第55条の6に基づき、火災の予防上必要な事項を調査審議する知事の諮問機関である。
東京消防庁予防部予防課(『コア東京』2017年5月号)
1 はじめに 平成24年に福山市のホテル、平成25年に長崎市の認知症高齢者グループホーム及び福岡市の有床診療所で発生した火災は、比較的小規模な...
東京消防庁予防部予防課(『コア東京』2017年4月号)
1 はじめに 前回「みなし従属について」の中で、消防法施行令の一部改正に伴い、一部の用途はみなし従属の取扱いをしないという改正がされたこと...
東京消防庁予防部予防課(『コア東京』2017年3月号)
1 はじめに 消防法令の適用にあたっては、まず消防法上の用途を決定し、それに応じて、消防用設備等の設置や防火管理などの規定に該当するかを判...
東京消防庁予防部予防課(『コア東京』2017年2月号)
平成26(2014)年10月に、「消防法施行令の一部を改正する政令」(平成26年政令第333号)、「消防法施行規則及び特定小規模施設における必要とされ...
東京消防庁(『コア東京』2017年1月号)
火災が発生した場合に、避難や消火活動が困難である高層建築物や地下街、被害が大きくなることが懸念される不特定多数の人が利用する建築物等では…
東京消防庁予防部予防課(『コア東京』2015年12月号)
建築基準法では、居室に対する採光に有効な部分の面積や排煙上有効な開口面積が基準を下回る居室を、窓その他の開口部を有しない…
東京消防庁予防部予防課(『コア東京』2015年11月号)
建築物を建築しようとする場合、建築基準法に基づき建築主事・指定確認検査機関(以下「建築主事等」という)の確認を受けなければなりません。確認手続きの中で…
東京消防庁予防部予防課(『コア東京』2015年10月号)
東京消防庁(以下「当庁」)では平成18年10月から、火災予防条例に基づく優良防火対象物認定表示制度(以下「優マーク制度」)を実施しています。この制度は、法令を遵守し、かつ…
東京消防庁予防部予防課(『コア東京』2015年7月号)
東京消防庁管内の火災件数が全体的に減少傾向にある中で、飲食店火災は増加傾向にあります。建物から出火した火災の内、飲食店火災が占める割合は…
東京消防庁予防部予防課(『コア東京』2015年6月号)
現在東京では、本格的な高齢社会を迎え、ユニバーサルデザインの理念の下、全ての人が安全・安心かつ快適に暮らし、訪れることができるまちづくりの実現に向けた取組みが推進されています…
東京消防庁予防部予防課(『コア東京』2015年5月号)
近年、太陽光発電設備の普及が急速に進んでいます。太陽電池モジュール(以下、PVモジュール)が建物に多量に設置された場合、PVモジュールの材料が延焼拡大要因になることや…
東京消防庁予防部予防課(『コア東京』2015年4月号)