新着記事
 新年あけましておめでとうございます。  一般社団法人東京都建築士事務所協会の会員、賛助会員の皆さまには、令和になって初めての新年を健やか...
児玉 耕二(『コア東京』2020年1月号)
令和になって初めての新年を迎えるにあたり、本会の顧問にご就任いただいた丸川先生にお話をうかがいます。これからの東京のまちづくりの向かうべ...
丸川 珠代|児玉 耕二(『コア東京』2020年1月号)
 新年あけましておめでとうございます。  年号が「令和」に変わりはじめての、また東京オリンピックが開催される本年に多くの人が明るく新たな時...
安藤 暢彦(『コア東京』2020年1月号)
 あけましておめでとうございます。会員の皆様におかれましても、令和に代わりはじめての新年を、健やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。  ...
宮尾 宣央(『コア東京』2020年1月号)
 新年おめでとうございます。  今期より広報委員長をつとめさせていただいております。  本年もよろしくお願いいたします。  今期より「広報編...
佐藤 吉弥(『コア東京』2020年1月号)
 あけましておめでとうございます。  昨年4月より、小田恵介委員長の後任として業務委員長を拝任いたしました。  建築士事務所の業務報酬算定指...
青谷 懿(『コア東京』2020年1月号)
 2020年東京オリンピック、パラリンピック開催年の幕開けです。  事業委員会の構成メンバー、副会長、事務局の皆様と、事業委員会の多方面の事業...
岩﨑 孝一(『コア東京』2020年1月号)
 あけましておめでとうございます。  私たち建築士が係るまちづくりとそれを支える法制度は、戦後の復興期と右肩上がりの高度成長期に原型がつく...
加藤 峯男(『コア東京』2020年1月号)
 「働き方改革に向けてマネジメント支援センター設立と当会の活動について」と題して、新聞社5社(日刊建設工業新聞社、日刊建設通信新聞社、建通...
田口 吉則(『コア東京』2020年1月号)
 令和元年度の新会懇談会・交流会には16名の新入会員を含め、副会長、本部役員、各支部長、賛助会員、会員委員会委員の総勢59名が参加した。 第1...
倉部 広大|大平 孝至(『コア東京』2020年1月号)
 70周年を迎えるに当たって何をしようかというところから始まった。8名の実行委員が選ばれ、五十周年時の記録を参考に、記念誌の発行、パーティ会...
大谷 徳義(『コア東京』2020年1月号)
 毎年恒例の4ブロック研修旅行を板橋支部主催で行った。今回の旅の目的は、東京近郊にある世界遺産や優良な建築物を見ながら関東近辺の魅力を再確...
押川 照三(『コア東京』2020年1月号)
 建物の快適さを考える上で騒音・断熱など環境に関する対策は重要な課題となる。また、安全性の面から防耐火性能も欠かせない。今回のセミナーで...
宮本 明彦(『コア東京』2020年1月号)
 「むさしのサイエンスフェスタ」は動かしたりつくったり、さまざまな体験を通して、科学のおどろき・発見・たのしさを感じてもらうことを目的と...
伊藤 由佐子(『コア東京』2020年1月号)
好評連載
 建築設計の仕事は、自らのアイデアや創造性を武器に顧客、プロジェクトを獲得するという「提案型」の業態でありながら、その一方で日常の業務は...
村上 淳(『コア東京』2020年1月号)
 治療と仕事の両立、という言葉を聞いたことはあるでしょうか? 現在、厚生労働省が肝いりで進めている事業のひとつで、「病気の治療をしながら仕...
市原 剛央(『コア東京』2020年1月号)
 前回は「無名の建物」を紹介したが、今回は対照的に、世界遺産の住宅をとりあげることにしたい。それは「トゥーゲントハット邸」(写真1)で、ル...
藤岡 洋保(『コア東京』2020年1月号)
私は、「お気に入りの場所」という単元が始まったとき、すぐには学校の中の気に入っている場所を思いうかべることができませんでした。でも、友達...
(『コア東京』2020年1月号)
賛助会員・技術情報ファイル
 建築空間の環境要素として「音」環境は、光、温熱、空気質等と同様に重要な要素である。建築設計において音楽ホール等、音を扱う空間には当然、...
(『コア東京』2020年1月号)
 外張り断熱工法として木造45分準耐火構造認定を取得しました。工法名は「不燃ライト工法 木造」。最大の特徴は「燃えない」ということです。  ...
(『コア東京』2020年1月号)
 生産施設や物流施設等S造建築の外壁に多く使われるのがサンドイッチパネル(アイジーヴァンドシリーズ)です。  アイジーヴァンドシリーズの表...
(『コア東京』2020年1月号)
『コア東京』編集後記
土曜日・日曜日はよく自宅のコンピューターで仕事の図面を描いていることが多い週末ですが、お昼ぐらいはどこかに出かけようと、いつもなら上野公...
大平 孝至(『コア東京』2020年1月号)